土木・建設工事

重仮設工事

建設現場で掘削した地盤が崩れないように支える山留壁の工事や、山留を支える支保工を架設・解体する工事。また、関連する地盤改良、地中障害物撤去工事。

山留支保工架設・解体工事

土木・建築の基礎工事において、掘削した地盤が土圧や水圧によって崩れないように、「山留支保工」で支えます。その「山留支保工」を架設・解体する工事。

  • 水平切梁工法
  • 集中切梁工法
  • PS山留工法
  • 高剛性突出控え杭工法
  • グラウンドアンカー工法
  • SCB®工法

桟橋架設・解体工事

建設現場において桟橋が、山留支保工をはじめ、掘削・躯体構築・既存躯体解体等の作業構台として利用されます。一般的に支持杭、大引、根太、覆工板、水平ブレス、垂直ブレス、水平ツナギで構成され、設計荷重やクレーン能力を考慮して桟橋計算を行い、架設されます。

  • Hi-BRIDGE工法®
  • Hi-RoRo工法®
  • G桟橋®
  • KD橋
  • プレガーダー®
  • プレガーダー®(PG)下路式歩道橋

SMW工法

SMWは、ソイルミキシングウォールの略で、土(Soil)とセメント系懸濁液を原位置で混合攪拌(Mixing)し地中壁(Wall)を造成する工法です。止水性が高く、周辺地盤に対する影響が少ないのが特徴です。

CD工法(全旋回オールケーシング工法)

CD工法は、既存建築物を解体した後に地中の既存躯体(地下構造物の梁・柱・底盤・基礎杭)を撤去する工法の一つです。周辺地盤への影響が少なくケーシング内部の障害物を完全に取り除く事ができます。

BG工法(多機能大口径削孔工法)

BG工法は、狭い現場、比較的浅い現場・寄り付きの厳しい現場に適しており、既存杭や地下構造物の撤去を行う工法です。

実績事例

太洋ヒロセ株式会社

トンネル工事を支える作業構台

H型鋼桟橋

施主:
兵庫県 但馬県民局 新温泉土木事務所
施工:
安藤・間・森・吉田・丹南 特別共同企業体
現場:
大庭トンネル

国道178号浜坂道路は、地域高規格道路「山陰近畿自動車道」を構成する自動車専用道路であり、国道178号のバイパスとして災害時、積雪時の安全な交通を確保し、地域の産業や経済活動を支える重要な道路です。大庭トンネルの工事は、浜坂道路の西側に位置する、延長749m、掘削断面積役80㎡の山岳トンネル工事です。

太洋ヒロセ株式会社

高さが50mを超える西日本では最大のダム建設工事用の桟橋

Hi-RoRo工法®

施主:
独立行政法人水資源機構
施工:
鹿島・竹中土木・三井住友特定建設工事共同企業体
現場:
小石川原ダム

小石原川ダム建設事業は、筑後川水系小石原川に小石原川ダムを建設し、既設の江川ダム、寺内ダムに、小石原川ダムを加えた3ダムを総合的に運用することによって、限られた水資源の有効利用を図るための事業で、小石原川ダム建設のための工事用桟橋を納入しました。

HIROSE (SINGAPORE) PTE. LTD.

グランドアンカー腹起

施主:
Woh Hup Pte. Ltd.(ウォーハップ)
現場:
C821a キムチャン地下鉄車両基地
場所:
シンガポール

HIROSE (THAILAND) LTD.

水平切梁、乗入れ構台

施主:
CH.Karnchang PCL(チョーカンチャン)
現場:
Chulalongkorn Hospital(国立チュラロンコン大学病院)
場所:
バンコク都内

HIROSE VIETNAM COMPANY LIMITED

水平切梁工法

施主:
Marubeni Group and Korea Electricity Group
施工:
Construction Corporation No.1
現場:
Nghi Son 2 thermal power plant(ギソン第二火力発電所建設工事)
場所:
Tinh Gia - Thanh Hoa;(タインホア省)

実績をもっと見る

施工できる会社

工事、工法の詳細は各事業会社のサイトをご覧ください。

  • ヒロセ株式会社
  • 太洋ヒロセ株式会社
  • 成幸利根株式会社
  • ヒロセシンガポール
  • ヒロセタイランド
  • ヒロセベトナム

事業と実績にもどる